FC2ブログ

定年退職後ロンドンで始めた学生生活の日記

二十歳頃に計画しながら実現には至らなかった海外暮らしの夢を、長い会社員生活を終えた後ついに実行に移しました。行先は、本場の英語をもう一度学び直したかったこと、勉強以外にも滞在生活を楽しめる要素に満ちあふれていることなどからロンドンを選び、2009年4月23日から2010年3月25日までほぼ11ヵ月間滞在しました。従ってこの日記はちょうど2年前の出来事をあたかも現在進行形のように書いているものです。

2010年5月30日(日) マーク・ノップラー

7時30分起床。晴一時曇。

泊まっているホテルの窓から下を見るときれいなプールがあった   
053001POOL_convert_20120601122155.jpg

広いガーデンも
053002GARDEN_convert_20120601122215.jpg

朝食はまずポリッジから
053003PORRIDGE_convert_20120601122242.jpg

そしてイングリッシュ・ブレックファスト
053004BF_convert_20120601122333.jpg

チェックアウトしてホテルの入口で記念写真(ホテルの女主人に撮ってもらった)
053005HOTELFRONT_convert_20120601122357.jpg

ホテル全景 
053006HOTELWHOLE_convert_20120601122422.jpg

右上にわざわざオリエンタルガーデンと書いてあるので、さきほど窓から見えたのはイングリッシュガーデンではなくオリエンタルガーデンだったのだ。そうかなあ?と思うが、まだ他にあったのかも知れない。

駅へ続く道路がレールの上を横切る 
053007RAIL_convert_20120601122448.jpg

線路は続くよ、どこまでも! どうと言うこともない光景だが旅の空にあることをしみじみと実感させるには十分だ。

ウォーキングマップ 昨日歩いた道路ではなく今日は砂浜の近くを歩いてみよう
053008WALKMAP_convert_20120601122513.jpg

雲の切れ間から陽光が波に反射して実に美しい 
053009SEA_convert_20120601122540.jpg

バンガローのようなものがいっぱい並んでいる 昨日の雨空ではなく青空の下では景色が全然違って見える
053010SANDSHORE_convert_20120601122601.jpg

ボランティアのおじさん 何をしているのだろう?
053011VOLUNTEER_convert_20120601122622.jpg

今日は開店している店もある 昨日は上の道を歩いたので気が付かなかっただけかも
053012BEACHCAFE_convert_20120601122647.jpg

貸しバンガローだろうが一戸一戸が小さいし中は暑そう
053013BEACHHOUSE_convert_20120601122711.jpg

遊歩道から砂浜へ降りる階段
053014BEACHSTAIRS_convert_20120601122736.jpg

アイスクリーム 二つで3ポンド(約400円)
053015ICECREAM_convert_20120601122808.jpg

アイスクリームと同時にホットドリンクも売っている 日が陰るとたちまち体感気温が下がるから暖かいものが欲しくなるのだ
053016ICESHOP_convert_20120601122836.jpg

砂浜を歩く人、遊歩道を歩く人、上の歩道を歩く人、人それぞれ・・・
053017SEASIDEVIEW_convert_20120601122856.jpg

日曜日なので?渋滞している
053018CARSTREET_convert_20120601234355.jpg

昨日夕食に立ち寄ったパブだ
053019PUB_convert_20120601122946.jpg

大きなゴミ箱 Litter=ごみ Letter=手紙=ポストと間違えた日本人もいるとか(冗談?)
053020BIGBIN_convert_20120601123012.jpg

ボウリングクラブのクラブハウス これは屋外で行うスポーツ
053021BOWLINGCLUB_convert_20120601123035.jpg

芝生のコート
053022BOWLINGCOURT_convert_20120601123101.jpg

駅近くのグランドホテル アガサ・クリスティが新婚旅行で泊まったところらしい
053023GRANDHOTEL_convert_20120601123126.jpg

観光客向けに市内の主要スポットを周回している”ランド・トレイン” 
053024LANDTRAIN_convert_20120601123150.jpg

2時間ほど町を散歩して駅に戻って来た
053025STATION_convert_20120601123212.jpg

小さなローカル駅だ
053026STATION_convert_20120601123309.jpg

ロンドン行きの列車は跨線橋を渡った反対側のホームから発車する
053027FOOTBRIDGESIGN_convert_20120601123330.jpg

2番ホームから13時09分出発のローカル列車に乗る
053028PLAT2_convert_20120601123350.jpg

13時20分隣のニュートンアボットに到着
053029NEWTONABBOT_convert_20120601123410.jpg

ここで13時41分発のロンドン行き列車に乗り換えるが、その待ち時間にちょっと駅の外へ。改札口も何もないので自由に歩き回れるのだ。

英国内の多くの町で見かける2階建ての路線バス 決してロンドンだけではないのだ(塗装色は異なるが)
053030NEWTONABBOT_convert_20120601123435.jpg

On Time(定刻)だ
053031TRAINTIME_convert_20120601123504.jpg

プラットフォーム 長距離列車の停車駅でトーキー駅よりかなり乗客が多い
053032NEWTONABBOTPLAT_convert_20120601123527.jpg

車内でのティータイム
053033TEATIME_convert_20120601123551.jpg

16時27分パディントン駅に到着
053034PADDINGTON_convert_20120601123616.jpg

地下鉄に乗り換える 
053035TUBEPADDINGTON_convert_20120601123640.jpg

17時頃にホテルにチェックインして荷物を置く。今日はこれからロイヤル・アルバート・ホールへMark Knopfler(マーク・ノップラー)のコンサートを見に行くのだ。

地下鉄ハイ・ストリート・ケンジントン駅前
053036HIHJSTREETKENSINGTON_convert_20120601210315.jpg

軽くピザの食事 
053037D_convert_20120601123709.jpg

まだ時間は十分あったので、ケンジントンガーデン内を歩いて行く。

晴れていて日も高いので色とりどりの花や緑が美しい
053038FLOWER_convert_20120601123759.jpg

公園内にはリスもたくさん住んでいる
053039SQUAREL_convert_20120601123824.jpg

野生で人になついてはいないが逃げもしない
053040SQUARELUP_convert_20120601123850.jpg

開演の35分前にロイヤルアルバートホールに着いた もうかなり人が集まっている
053041RAHWHOLE_convert_20120601123918.jpg

入口付近はぎっしり
053042RAHENTRANCE_convert_20120601123943.jpg

今日から6日間の連続公演が始まるのだ
053043MARKPOSTER_convert_20120601124049.jpg

開演15分前
053044RAHINSIDE_convert_20120601124112.jpg

席は半分以上空いている。チケットは早くから完売しているのにどうしたのだろう?恐らくぎりぎりまで館内のバーで飲んでいるのだろう。英国のコンサートではそれが普通、サッカーでも同じだ。

無事公演が終わって拍手に応えるメンバーたち ビール片手に!
053045ENCOLE_convert_20120601124141.jpg

バスでホテルに戻るのにわずか10分。

10代後半から今までに観て来た数限りないライヴコンサートの中で強いて三つを選ぶとすれば、1971年9月29日のLed Zeppelin初来日時の休憩なしで3時間半におよぶ伝説の公演(大阪フェスティバルホール)、1978年2月25日のBob Dylan初来日時の松下体育館での公演(当時大阪市内には最大2千席程度のコンサート会場しかなかったので大阪の枚方市にあった松下電器の体育館で初めてロックコンサートが開催されたのだ)、そして1983年4月2日の事前の予想をはるかに超えた完成度の高いギター演奏と歌唱力にただ圧倒されたMark Knopfler率いるThe Dire Straitsの東京公演、である。

去る3月にBob Dylanの日本公演がなければ、多分長期滞在ビザの切れる5月末までロンドンにいたはずなのだが、今回のMark Knopflerのコンサートは(その時にはまだBob Dylanの日本公演は発表されていない)発売された昨年9月時点で想定していた帰国日程に合わせて初日分を購入しておいたのだ。

Led Zeppelinは2度の来日公演とも観に行っているし、Bob Dylanは6度の来日公演の各々少なくとも2回ずつは観ている。The Dire Straitsの来日は一度だけだったが元々Mark Knopflerのワンマンバンドと言えるバンドなので今回のようなツアーメンバーを伴うソロコンサートでも印象はまったく変わらなかった。

いずれにせよ、この2ヵ月の間にマイベスト3のうちの2つをまた観ることができたとは何ともぜいたくな経験であった。


0時30分就寝。
  1. 2012/05/30(水) 23:24:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2010年5月31日(月) コッツウォルズ | ホーム | 2010年5月29日(土) アガサ・クリスティの故郷トーキーへ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://oldstudentlondon.blog40.fc2.com/tb.php/372-fca11ab6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

oldstudentinlondon

Author:oldstudentinlondon
高校時代は生物研究クラブ、大学は理学部生物学科、社会人生活は製薬会社と臨床検査会社、という具合にずっと生命科学の世界にどっぷり浸りきっていたのですが、定年退職が近づくにつれて、これまでとはまったく異なる分野のことを少しでも知りたいと考え、英語、英国文化、芸術等について学ぶことを目的にシニア留学に踏み切りました。
結果として期待以上に充実した時間を送ることができました。真っ先に挙げられるのは、これまでおよそ話す機会もなかったような若い世代の友人達と親しくつき合えたこと、そしてこれまでマスコミ等を通じて間接的にしか知り得なかった国々から来た学生達と話すことを通じてそれらの国に対する自分のイメージが大きく変わったこと、です。やはり海外に住んで改めて日本を見直すということは、年齢に関わりなく極めて意味深いものだと実感しました。
なお、記事中の人名は、知人については本人の承諾を得た場合を除いて仮名を用いています。政治家、アーティスト等広く一般に知られている人については原則として実名を用いています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

本ブログの最初の記事 (1)
未分類 (352)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード