FC2ブログ

定年退職後ロンドンで始めた学生生活の日記

二十歳頃に計画しながら実現には至らなかった海外暮らしの夢を、長い会社員生活を終えた後ついに実行に移しました。行先は、本場の英語をもう一度学び直したかったこと、勉強以外にも滞在生活を楽しめる要素に満ちあふれていることなどからロンドンを選び、2009年4月23日から2010年3月25日までほぼ11ヵ月間滞在しました。従ってこの日記はちょうど2年前の出来事をあたかも現在進行形のように書いているものです。

2010年3月14日(日) マルクスとセント・パトリック

7時00分起床。快晴のち晴。気温12~4℃。

今日は約1ヵ月ぶりにCultural Programmeの"In the London footsteps of Karl Marx"(カール・マルクスのロンドンの足跡巡り)に参加する。今年になって2度目で恐らく最後の参加となるだろう。今日を含めると29回参加したが、このウォーキングツアーには皆もっともっと参加するべきだと思う。

4月のオリエンテーション時に4~6月分の予定が書かれた冊子を配布されたものの、その後通年実施されているにも関わらず、ほとんどの学生はそのことを知らない。しかし個人的にはこのイベントのおかげでロンドンでの1年がどれほど充実したものになったか計り知れないと思う。

忙しい観光客のための在り来たりのツアーやガイドブックとは観点の異なる本当のロンドン(および郊外)の見所を専属ガイドとともに訪ねることができるだけではなく、一緒に歩くことをきっかけにして知らず知らずのうちに多くの国の友人ができるというまことに素晴らしい企画だからだ。University of Westminster留学の隠れた売り物の一つと言っても良いと思う。

REGとMAKIKOを発見 集合時刻の10時より30分近く前に着いたのでまだほとんど集まっていない
0314MEETINGPOINT_convert_20120315155345.jpg

Sloane Square Station(スローン・スクエア駅) 今日はCircle line、District lineとも全面運休なので当駅は休業
0314SLOANESQUARESTATION_convert_20120315155721.jpg

これは地名の由来になったSir Hans Sloane(サー・ハンス・スローン)の像
0314SIRSLOANE_convert_20120315155701.jpg

アイルランド出身の医師であり、彼が生涯をかけて集めたコレクションが大英博物館の基礎になったと言われている。また、インターンシップ先のCORAMの前身であるFoundling Hospitalの創設にも一役買っていたらしい。

今日も青空のウォーキング日和
0314BLUESKY_convert_20120315154726.jpg

中央に見える帽子とコート姿はコロンビアから定年退職後ロンドンに学生としてやって来たCARLOS
0314CARLOS_convert_20120315154809.jpg

まったく異なる人生を送って来たもの同士がここで接点を持つなんて多くの偶然が積み重なった結果とは言え、ほとんど奇跡的だ。彼とは年齢まで同じなのだ。

通り名の表示
0314BATEMANSTREET_convert_20120315154632.jpg

ブループラーク
0314BLUEPLAQUE_convert_20120315154708.jpg

1851-56年にここに住んでいたと記してあるが、ロンドンに亡命して来たのは1849年なのでその2年後から5年間ということだ。その後亡くなるまで人生の後半生をロンドンで暮らしたのだ。

MARXと言う名のレストランがある
0314RESTAURANTMARX_convert_20120315155620.jpg

正確にはレストラン自体の名前ではなく、QUO VADISというレストランの中のMARX ROOMという貸切部屋の名である。

こう言う形の自転車専用道路はロンドン市内にはまだ少ない
0314BIKEROAD_convert_20120315154649.jpg

ハイゲート墓地へのアプローチとなるWaterlow Road
0314WATERLOWROAD_convert_20120315155903.jpg

ハイゲート墓地に隣接するWaterlow Park
0314WATERLOWPARK_convert_20120315155839.jpg

花がたくさん咲いている
0314FLOWERS_convert_20120315155024.jpg

ランチは公園内のカフェで
0314PARKCAFE_convert_20120315155558.jpg

ランチと言うよりティータイムのようになった
0314L_convert_20120315155203.jpg

この後、セレモニーの開始時間に合わせるため1時間ほど時間調整をする。

ハイゲート墓地の入口 入場料は3ポンド(学割あり)で墓地と言うより公園のようだ
0314HIGHGATE_convert_20120315155100.jpg

入場料を払って墓地内のウォーキングをする人や著名人の墓石巡りをする人などさまざまである。

お目当てのマルクスの墓 全身像ではなく大きな頭部の像が乗っかっている
0314MARXSTATUREWHOLE_convert_20120315155321.jpg

<内緒:身体がすっぽりかま風呂に入っているように見えなくもない!>

"WORKERS OF ALL LANDS UNITE"とは、彼の著書「共産党宣言」からの引用で”万国の労働者、団結せよ”
0314MARXSTATUREHEAD_convert_20120315155241.jpg

足下にもマルクスの言葉 ”この世界を解説するのではなく変えることこそが大切なのだ”
0314HISWORD_convert_20120315155124.jpg

1818年5月5日に誕生、1883年3月14日に死去
0314BORNDIED_convert_20120315154751.jpg

亡くなってから今日で127年目となる。

追悼セレモニーの参列者によって花が供えられた
0314OFFEREDFLOWER_convert_20120315155539.jpg

いろんな国から参列者が集まり、そして去って行った
0314STUDENTS_convert_20120315155816.jpg

セレモニー終了後、墓地の外周道路を歩いて最寄駅に引き上げるところ
0314GOINGBACK_convert_20120315155042.jpg

ロンドンにはいったい何匹の野生リスがいるのだろう 特にこんなに木が多い場所であればここだけでもかなりの数だろう
0314SQUIRREL_convert_20120315155740.jpg

MGミジェット やはりイギリスの街を走ってこそ最も似合う車である
0314MGCAR_convert_20120315155503.jpg

Archway駅まで歩いてそこで解散ということなので、ここで一団とは別れて近辺を一人で歩く。

ハイゲート墓地南入口
0314CLOSEDGATE_convert_20120315154828.jpg

約10ヵ月前に最初のホームステイ先が近かったことから一度ここまで来たことを思い出した。後でわかったのだが、この墓地へ入れるのは有人のゲートがある東部の正門だけなのだ(入場料徴収のため?)。

この家が昨年4月23日から5月末まで滞在したホームステイ先 もうずいぶん昔のことに思える
0314FIRSTHOME_convert_20120315155005.jpg


次は場所も雰囲気も変わって
0314KILT_convert_20120316004151.jpg

来る3月17日はアイルランドの守護聖人である聖パトリックを祭るSt.Patric's Dayだ。今日は直前の日曜日なのであちこちで関連催しが行われている。カトリックのアイルランド人ばかりでなく、イギリス人もその他の観光客も皆お祭り気分で街に繰り出す。

ここTrafalgar Squareにも多くの人が集まって来ている。

アイルランドの3色旗が見える
0314IRISHFLAGS_convert_20120315155144.jpg

家族連れ? ベビーもシャムロックを左手でしっかりと握っているところが微笑ましい
0314FAMILY_convert_20120315154911.jpg

魚料理の屋台だ
0314FINEFISHCO_convert_20120315154928.jpg

メニュー 
0314MENU_convert_20120315155423.jpg

エビとチップス(フライドポテト)、ポークソーセージとチップスの他、チップスだけというのもある。"CHIP BUTTIE"とはバターを塗ったパンにチップスを挟んだもの、つまりフライドポテトのサンドイッチ!である。そんなものは他の国にはないだろうなあ。

アイルランドのお祭りなので当然アイルランド料理が主役?
0314MENU2_convert_20120315155441.jpg

"DUBLIN CODDLE"はソーセージとポテト、にんじん等の薄切りを重ねて煮たもの、ソーセージシチューと言ったところだ。

それにしても、もの凄い混みようである
0314MANYPEOPLE_convert_20120315155221.jpg

コンサートも行われている
0314STAGE_convert_20120315155759.jpg

人混みの中に長くいると疲れるので、いつもならこの近くにあるはずのバス停の移動先を探してバスで帰宅。

夕食は春巻き、エビフライ、コーンバター、サラダ
0314D_convert_20120315154851.jpg


0時15分就寝。
  1. 2012/03/14(水) 23:01:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2010年3月15日(月) レ・ミゼラブル | ホーム | 2010年3月13日(土) ランズエンドからミナックシアター>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2013/03/05(火) 12:38:09 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: quo vadis & karl marx

> 30年ほど前にQuo Vadisに食事に行って、オーナーに2階か3階の屋根裏部屋に案内してもらって「ここがマルクスが寝泊まりした部屋だ」と教えてもらったことを思い出しました。
> 貴兄のブログで写真を拝見するととても立派なレストランに変貌しているのに驚きました。
> ロンドンにはその時に仕事で2週間ほど滞在でしたが、7年前・4年前・2年前とそれぞれ1週間から10日ほど滞在していますが、貴兄のレポートには感心しました。

このときはQuo Vadisレストランを外から見ただけですので内部の様子はわかりません。マルクスが実際に暮らしていた部屋をご覧になったのは良いご経験でしたね!さまざまな歴史がしっかり保存されているところもロンドンの魅力の一つです。
  1. URL |
  2. 2013/03/05(火) 22:53:29 |
  3. oldstudentinlondon #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://oldstudentlondon.blog40.fc2.com/tb.php/347-c11b4ad3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

oldstudentinlondon

Author:oldstudentinlondon
高校時代は生物研究クラブ、大学は理学部生物学科、社会人生活は製薬会社と臨床検査会社、という具合にずっと生命科学の世界にどっぷり浸りきっていたのですが、定年退職が近づくにつれて、これまでとはまったく異なる分野のことを少しでも知りたいと考え、英語、英国文化、芸術等について学ぶことを目的にシニア留学に踏み切りました。
結果として期待以上に充実した時間を送ることができました。真っ先に挙げられるのは、これまでおよそ話す機会もなかったような若い世代の友人達と親しくつき合えたこと、そしてこれまでマスコミ等を通じて間接的にしか知り得なかった国々から来た学生達と話すことを通じてそれらの国に対する自分のイメージが大きく変わったこと、です。やはり海外に住んで改めて日本を見直すということは、年齢に関わりなく極めて意味深いものだと実感しました。
なお、記事中の人名は、知人については本人の承諾を得た場合を除いて仮名を用いています。政治家、アーティスト等広く一般に知られている人については原則として実名を用いています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

本ブログの最初の記事 (1)
未分類 (352)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード