fc2ブログ

定年退職後ロンドンで始めた学生生活の日記

二十歳頃に計画しながら実現には至らなかった海外暮らしの夢を、長い会社員生活を終えた後ついに実行に移しました。行先は、本場の英語をもう一度学び直したかったこと、勉強以外にも滞在生活を楽しめる要素に満ちあふれていることなどからロンドンを選び、2009年4月23日から2010年3月25日までほぼ11ヵ月間滞在しました。従ってこの日記はちょうど2年前の出来事をあたかも現在進行形のように書いているものです。

2010年2月28日(日) アイルランド旅行第3日はゴールウェイ、ダブリン経由ベルファストへ

快晴のち曇一時小雨。。気温7~2℃。

部屋から眺める海 今日も天気は良さそうだ
0228VIEWFROMROOM_convert_20120228165120.jpg

朝食は8時からだが、昨日チェックイン時にフェリーに乗るため早く出発することを伝えたら、暖かい料理は抜きでトーストとティーだけ用意してもらえるということだった。

食堂
0228DININGROOM_convert_20120228162906.jpg

朝食はコンチネンタルブレックファスト
0228BF_convert_20120228162419.jpg

チェックアウトして8時05分に出発 青空が広がっている
0228BBWITHBLUESKY_convert_20120228162006.jpg

波止場へ向かう道 人も車もまったくいない
0228STREETTOPIER_convert_20120228164553.jpg

馬は朝の食事中
0228HORSE_convert_20120228163409.jpg

10分足らずでレンタル自転車屋に到着 やはり歩くよりも相当速い 
0228BIKEHIRE_convert_20120228162442.jpg

まだ開店前だったので自転車を壁に立てかけておく。保証金は戻らないが昨日2日分前払いしたと考えておこう。

フェリーは既に出航準備済み
0228FERRY_convert_20120228163019.jpg

乗船して5分もしないうちに出航
0228LEAVINGPIER_convert_20120228163608.jpg

波はあるが比較的静かである
0228SEASURFACE_convert_20120228164237.jpg

22時間ぶりにアイルランド本島に帰って来たことになる
0228GALWAYAGAIN_convert_20120228163143.jpg

出航から約45分でRossaveel港に到着 1日に2便しかなく日曜日のためか結構混んでいた
0228FERRYINSIDE_convert_20120228163052.jpg

この船の名前は・・・読めない
0228FERRYNAME_convert_20120228163114.jpg

Rossaveelの波止場
0228GALWAYPIER_convert_20120228163210.jpg

今日のフェリー連絡バスは小型車
0228BUSINSIDE_convert_20120228162647.jpg

バスの窓越しに見る風景
0228VIEWFROMBUS_convert_20120228165049.jpg

40分でGalway駅のそばにある旅行社オフィス前に到着
0228BUS_convert_20120228162509.jpg

鉄道路線図
0228TAILMAP_convert_20120228164654.jpg

GalwayからBelfastへ直接行く鉄道路線はないので一旦Dublinへ戻ってから乗り換えることになる。アイルランド鉄道はDublinがあらゆる方面への起点になっているのだ。

鉄道の評価はPunctuality(正確性)とReliability(確実性)で表され、1ヵ月毎に結果が公開されるのだ
0228RAILPERFORMANCE_convert_20120228164000.jpg

正確性は定刻から10分以内に着いたかどうか、確実性は運休がなかったかどうか、をパーセンテージで表す。日本なら1分の遅れでも減点の対象だろうけど・・・

シックスネーションズ(6ヵ国対抗ラグビー)のポスター
0228RUGBYPOSTER_convert_20120228164207.jpg

アイルランドは昨日イングランドに勝って2勝1敗となり3試合終了の段階で2位に並んだのだ。

駅のコーヒーショップは千客万来
0228COFFEESHOP_convert_20120228162807.jpg

コーヒーを前にして11時05分発の列車を待つ
0228COFFEE_convert_20120228162742.jpg

Dublin行きの列車
0228TRAIN_convert_20120228164814.jpg

途中、次の停車駅の表示が距離で示されているところが面白い
0228NEXTSTATIONSIGN_convert_20120228163746.jpg

どこまでも同じような景色が続く
0228VIEWFROMTRAIN_convert_20120228165146.jpg

13時42分Heuston駅に到着
0228DUBLINPLATFORM_convert_20120228162931.jpg

Heuston駅の構内
0228STATIONINSIDE_convert_20120228164405.jpg

Heuston駅ビル
0228HEUSTONSTATION_convert_20120228163347.jpg

Guinness(ギネス)工場がダブリンの街中、それもHeuston駅の真ん前にあるのは壮観だ
0228GUINESS_convert_20120228163323.jpg

駅前にLUAS(Dublin Light Rail System:路面電車)の停留所がある
0228TRAMSTATION_convert_20120228165021.jpg

LUASの路線図
0228TRAMMAP_convert_20120228164956.jpg

Dublinには二つの主要鉄道駅がある。Heuston駅は南行および西行路線、北行路線はConnolly駅だ。

チケット販売機 片道が約200円だ
0228TICKET_convert_20120228164722.jpg

1日フリー券なら800円くらい
0228TICKET2_convert_20120228164746.jpg

電車がやって来た 何となく昔の東京の玉電を思い起こさせる
0228TRAM_convert_20120228164934.jpg

予定しているBelfastへの列車出発まで時間があったので、それまでしばらくDublin市内を散策する。

リフィー川にかかるオコンネル橋
0228RIFFYBRIDGE_convert_20120228164058.jpg

SPARはアイルランド本土でもメジャーなのか
0228SPAR_convert_20120228164320.jpg

古くて由緒ありそうなパブ
0228OLDPUB_convert_20120228163813.jpg

ダブリン一の繁華街Grafton(グラフトン)通り
0228GRAFTONSTREET_convert_20120228163234.jpg

途中からLUASに乗ってConnolly駅へ向かう。

Connolly駅の全景(後方のビル)
0228STATIONVIEW_convert_20120228164526.jpg

Connolly駅入口
0228CONNOLLYSTATION_convert_20120228162839.jpg

プラットフォーム
0228PLATFORM_convert_20120228163859.jpg

16時00分発Belfast行き列車
0228TRAINTOBELFAST_convert_20120228164910.jpg

ランチはPotato Wedges
0228L1_convert_20120228163434.jpg

ポテトチップスいやフレンチフライのことだ
0228L2_convert_20120228163456.jpg

こちらは定番のミートパイ
0228L3_convert_20120228163516.jpg

カレーパイだ
0228L4_convert_20120228163542.jpg

アイルランドの列車はことごとく緑色
0228GREENTRAIN_convert_20120228163300.jpg

車内は空いている
0228TRAININSIDE_convert_20120228164844.jpg

アイルランドはイングランドよりも地形の高低がはっきりしている
0228MOUNTAINVIEW_convert_20120228163630.jpg

18時08分Belfast駅到着
0228BELFASTSTATION_convert_20120228162025.jpg

黄昏の街の風景
0228EVENINGVIEW_convert_20120228162956.jpg

オペラハウス
0228OPERAHOUSE_convert_20120228163836.jpg

今日こそパブでアイリッシュ・ミュージックを聞こうと期待していたが、生演奏の有名なパブは日曜日休みだった。


1時40分就寝。
  1. 2012/02/28(火) 23:42:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2010年2月29日(?) あれっ! | ホーム | 2010年2月27日(土) アラン諸島へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://oldstudentlondon.blog40.fc2.com/tb.php/333-06183a44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

oldstudentinlondon

Author:oldstudentinlondon
高校時代は生物研究クラブ、大学は理学部生物学科、社会人生活は製薬会社と臨床検査会社、という具合にずっと生命科学の世界にどっぷり浸りきっていたのですが、定年退職が近づくにつれて、これまでとはまったく異なる分野のことを少しでも知りたいと考え、英語、英国文化、芸術等について学ぶことを目的にシニア留学に踏み切りました。
結果として期待以上に充実した時間を送ることができました。真っ先に挙げられるのは、これまでおよそ話す機会もなかったような若い世代の友人達と親しくつき合えたこと、そしてこれまでマスコミ等を通じて間接的にしか知り得なかった国々から来た学生達と話すことを通じてそれらの国に対する自分のイメージが大きく変わったこと、です。やはり海外に住んで改めて日本を見直すということは、年齢に関わりなく極めて意味深いものだと実感しました。
なお、記事中の人名は、知人については本人の承諾を得た場合を除いて仮名を用いています。政治家、アーティスト等広く一般に知られている人については原則として実名を用いています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

本ブログの最初の記事 (1)
未分類 (352)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード