fc2ブログ

定年退職後ロンドンで始めた学生生活の日記

二十歳頃に計画しながら実現には至らなかった海外暮らしの夢を、長い会社員生活を終えた後ついに実行に移しました。行先は、本場の英語をもう一度学び直したかったこと、勉強以外にも滞在生活を楽しめる要素に満ちあふれていることなどからロンドンを選び、2009年4月23日から2010年3月25日までほぼ11ヵ月間滞在しました。従ってこの日記はちょうど2年前の出来事をあたかも現在進行形のように書いているものです。

2010年2月1日(月) クリスタルパレス

7時40分起床。快晴のち晴。気温5~-1℃。

月曜日の昼休み時間はCultural Programmeの受付タイムだったのを思い出したので、Regent校舎へ行きオフィスへ。11月21日のHampton Courtツアー以来約2ヵ月半ぶりにRegに会った。

Winter/Spring Programmeを入手 早速2月6日と3月4日を予約
WINTERPROGRAMME_convert_20120201231350.jpg

今日は天気が良いので、3度目の路線バスによるミステリーツアーへ。

出発点のOxford Circusバス停
0201OXFORDCIRCUSBUSSTOP_convert_20120201214512.jpg

3番のバスのルート
0201BUS3ROUTE_convert_20120201214044.jpg

3番のバスがやって来た 後方に見えるとんがり帽子の建物はAll Souls Church
0201REDBUS3_convert_20120201214611.jpg

3番のバスの行先表示
0201NUMBER3SIGN_convert_20120201214453.jpg

Crystal Palace(クリスタルパレス:水晶宮)は1851年にロンドンで開催された第1回万国博覧会の会場としてハイドパークに建築されたガラスと鉄骨でできた画期的かつ荘厳な建物を博覧会終了後に解体移築した場所なのである。建物自体は火災で消失して既になく、今では地名として残っているに過ぎない。
イングランドチャンピオンシップ(プレミアリーグの下位リーグ)のサッカーチームにCrystral Palace FCというのがあるが、そのホームスタジアムはさらに少し南にあるSelhurst Parkである。

ビッグベンを横に見て
0201BIGBEN_convert_20120201214008.jpg

Lambeth橋
0201LAMBETHBRIDGE_convert_20120201214325.jpg

ロンドンで見るマクドナルドの彩色はおなじみの赤と黄色だったり、このような緑と黄色だったり、どう違うのだろうか? このように無休で24時間営業の店舗は極めて珍しい(と思う)
0201MCDONALD_convert_20120201214358.jpg

BBCのアンテナが遠望できる あそこが目的地だろうか?
0201TOWER_convert_20120201214736.jpg

バスターミナル やはり3番の終点である
0201BUSTERMINAL_convert_20120201214128.jpg

クリスタルパレス通りバス停 何と金曜日だけのバスルートもあるのだ
0201BUSSTOP_convert_20120201214104.jpg

公園の見取り図
0201MAP_convert_20120201214341.jpg

BBCアンテナが間近に
0201TOWERCLOSEUP_convert_20120201214754.jpg

確かに宮殿の廃墟のような景色だ
0201STONEBASE_convert_20120201214716.jpg

スフィンクスの像
0201SPHINX_convert_20120202001613.jpg

そのスフィンクスが睨みをきかしている階段 この上にパレスの入口があったのに違いない
0201SPHINXSTAIRS_convert_20120201214629.jpg

階段の上から見たところ
0201FROMUPPER_convert_20120201214251.jpg

かなり広い敷地にいろいろな像が点在しているのが見える
0201WHOLEVIEW_convert_20120201214816.jpg

各種スポーツ施設も並んでいる
0201CLOSEMAP_convert_20120201214149.jpg

陸上競技場 中央がサッカーグラウンドでその周りをトラックが取り囲んでいる、日本でもよくあるパターン
0201COMPLEXGROUND_convert_20120201214211.jpg

月曜日の昼間のせいか誰もいない
0201ATHLETICGROUND_convert_20120201213948.jpg

博物館を発見
0201MUSEUM_convert_20120201214419.jpg

残念ながら土日(および祝日の月曜)のみの開館なのだ
0201MUSEUMSIGN_convert_20120201214437.jpg

公園のほぼ中央にたいへん目立つ銅像がある
0201HEADSTATURE_convert_20120201214308.jpg

水晶宮設計者Sir Joseph Paxtonの銅像だ
0201STATURE_convert_20120201214656.jpg

公園の境界線を示す標識
0201PARKSIGN_convert_20120201214531.jpg

帰りは363番のバスでElephant & Castleに向かう
0201363BUSSIGN_convert_20120201214856.jpg

カツラの専門店?
0201WIGSHOP_convert_20120201214834.jpg

途中で見かけたバス停は"Bird in Bush Road"って面白い名前 "薮の中の鳥通り"
0201BIRDINBUSH_convert_20120201214025.jpg

Elephant & Castelからはtubeで帰宅。しかし、こんなバスツアーは果たしてどこまでできるだろうか?多分全路線制覇は無理だろうな!

Book Depositoryで購入したCambridge Examコースのテキストが届いていた
CAETEXTBOOK_convert_20120202003000.jpg

夕食は麻婆豆腐、サラダ
0201D_convert_20120201214231.jpg


1時00分就寝。
  1. 2012/02/01(水) 23:22:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2010年2月2日(火) チェコ・ナショナル交響楽団コンサート | ホーム | 2010年1月31日(日) 今月14本目の映画>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://oldstudentlondon.blog40.fc2.com/tb.php/306-93b458fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

oldstudentinlondon

Author:oldstudentinlondon
高校時代は生物研究クラブ、大学は理学部生物学科、社会人生活は製薬会社と臨床検査会社、という具合にずっと生命科学の世界にどっぷり浸りきっていたのですが、定年退職が近づくにつれて、これまでとはまったく異なる分野のことを少しでも知りたいと考え、英語、英国文化、芸術等について学ぶことを目的にシニア留学に踏み切りました。
結果として期待以上に充実した時間を送ることができました。真っ先に挙げられるのは、これまでおよそ話す機会もなかったような若い世代の友人達と親しくつき合えたこと、そしてこれまでマスコミ等を通じて間接的にしか知り得なかった国々から来た学生達と話すことを通じてそれらの国に対する自分のイメージが大きく変わったこと、です。やはり海外に住んで改めて日本を見直すということは、年齢に関わりなく極めて意味深いものだと実感しました。
なお、記事中の人名は、知人については本人の承諾を得た場合を除いて仮名を用いています。政治家、アーティスト等広く一般に知られている人については原則として実名を用いています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

本ブログの最初の記事 (1)
未分類 (352)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード