fc2ブログ

定年退職後ロンドンで始めた学生生活の日記

二十歳頃に計画しながら実現には至らなかった海外暮らしの夢を、長い会社員生活を終えた後ついに実行に移しました。行先は、本場の英語をもう一度学び直したかったこと、勉強以外にも滞在生活を楽しめる要素に満ちあふれていることなどからロンドンを選び、2009年4月23日から2010年3月25日までほぼ11ヵ月間滞在しました。従ってこの日記はちょうど2年前の出来事をあたかも現在進行形のように書いているものです。

2009年10月29日(木) ネオゴシック建築

7時00分起床。曇一時晴。気温18~9℃。

"Art and Society"の今日のテーマは"From Neo-Classic to Neo-Gothic"

まず校舎を出てすぐ北側に見えるAll Souls Church
1029ALLSOULS_convert_20111029213750.jpg
ネオクラシック様式でRegent Streetの最北部に位置する。Regent Streetとその周辺の建築物の設計を行ったJohn NashはRegent StreetをRegent Parkまで延ばしたかったが、この教会を突き抜けることはできないためStreetの北端としたらしい(通りはここから名を変えて迂回しRegent Parkに達している)。従ってOxford Circusの方から真北を見ると、通りの真ん中にこの教会が見えるというわけだ。

Broadcasting House
1029BBC_convert_20111029213815.jpg
BBC(英国放送協会)の本部はAll Souls Churchのすぐ北にあるが看板等はおろか入口の表示さえ近づいて良く見ないとわからないほど控え目である。

こちらはRegent StreetからMargaret Streetを東へ入ったところにあるAll Saints Church
1029GATE_convert_20111029214136.jpg
ネオゴシックの荘厳な建築である。レンガの使用や色使いに特徴がある。

入口はそれほど大きくないが塔が高くそびえているのは国教会の権威を象徴しているように思える
1029TOWER_convert_20111029214612.jpg

ステンドグラスを外部から見ると地味である
1029STAINEDFROMOUTSIDE_convert_20111029214429.jpg

礼拝堂
1029CHAIRS_convert_20111029213839.jpg

黄金色に輝く像が目立つ
1029GOLDENSTATURE_convert_20111029214211.jpg

マリアとキリスト像も他で見るものとはちょっと違う
1029MOTHERANDBABY_convert_20111029214349.jpg

豪華なステンドグラスは内部から見るもの
1029STAINEDGLASS_convert_20111029214453.jpg

壁画も全然古くは見えない
1029WALL_convert_20111029214630.jpg

壁のデザインも独特
1029WALLWIDE_convert_20111029214646.jpg

帰りにゲート前で記念写真
1029MYSELF_convert_20111029214408.jpg

ほぼ真向かいに佛光寺があるのも興味深い
1029BUKKOJI_convert_20111030021947.jpg

ランチは久しぶりにRegent校舎の学食でチキンのトマト煮、コーンとポテト添え 2.5ポンド(約350円)Cokeは本日だけ無料サービス 
1029L_convert_20111029214301.jpg

午後の"Speaking Skills"は"Law and order"の最終日。中でも驚いたのは、街の至る所に設置されているCCTV(closed-circuit television:街頭監視カメラ)について。その台数は世界の主要都市中でダントツの一番だそうだ。本来は犯罪の監視のためだが、外出すれば誰でも知らないうちに1日平均300枚は写真を撮られている。しかし、そのために安心感を持てると言う人が居るのも事実なのであまり苦情はないらしい。

夕食はロースハムにベーコンとほうれん草の炒めもの
1029D_convert_20111029214026.jpg


今夜もまたLondon Irish Centreに"Return to Camden Town Concert"を見に行く。写真は撮れなかったが、最初にアルトサックスの入ったバンドがアイリッシュフォークを演奏したので驚きはしたが意外に合っているので感心した。バンジョーとの掛け合いも素晴らしかった。

こちらは伝統的な楽器の組み合わせ
1029CONCERT_convert_20111029213953.jpg

帰りはバスを利用すればいくら遅くても大丈夫だが時間がかかる。一方Overgroundを使えば乗り換えなしでわずか15分足らずでWest Hampstead Stationに着くのがわかったので、最寄りのCamden Road23時33分発の最終に乗る。ぎりぎりまでコンサートを見ていたので駅まで走って何とか間に合ったが、本当は夜中に走っていると不審者に思われる恐れもあるのだ。


1時00分就寝。
  1. 2011/10/29(土) 23:35:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2009年10月30日(金) ハロウィーン | ホーム | 2009年10月28日(水) プリンターを買う>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://oldstudentlondon.blog40.fc2.com/tb.php/210-a36dd4be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

oldstudentinlondon

Author:oldstudentinlondon
高校時代は生物研究クラブ、大学は理学部生物学科、社会人生活は製薬会社と臨床検査会社、という具合にずっと生命科学の世界にどっぷり浸りきっていたのですが、定年退職が近づくにつれて、これまでとはまったく異なる分野のことを少しでも知りたいと考え、英語、英国文化、芸術等について学ぶことを目的にシニア留学に踏み切りました。
結果として期待以上に充実した時間を送ることができました。真っ先に挙げられるのは、これまでおよそ話す機会もなかったような若い世代の友人達と親しくつき合えたこと、そしてこれまでマスコミ等を通じて間接的にしか知り得なかった国々から来た学生達と話すことを通じてそれらの国に対する自分のイメージが大きく変わったこと、です。やはり海外に住んで改めて日本を見直すということは、年齢に関わりなく極めて意味深いものだと実感しました。
なお、記事中の人名は、知人については本人の承諾を得た場合を除いて仮名を用いています。政治家、アーティスト等広く一般に知られている人については原則として実名を用いています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

本ブログの最初の記事 (1)
未分類 (352)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード